ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」他 テンシュテット/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

[曲名]
Schostakowitsch Sinfonie Nr.5 /Janacek lachische Tanze
[演奏]
Klaus Tennstedt / Munchner Philharmoniker
[注意点/コメント]
帯付き、日本語解説あり
ドイツの名匠クラウス・テンシュテットとドイツの名門ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団によるロシア(というよりソ連)の大作曲家ショスタコーヴィチの最も有名な名曲、交響曲第5番「革命」の演奏です。
テンシュテットのレパートリーにはないと思っていましたが、WEITBLICKレーベルからの貴重な録音盤です。
出だしからしっかりした定位で弦が鳴り響きます。管楽器の音も大変分離がよく、静寂や盛り上がりなど素晴らしい演奏と録音です。
ロシアものと言うよりもドイツ的雰囲気が広がり、チャイコフスキーの延長線にあるショスタコーヴィチを意識させる演奏です。
[録音年]1975 [製造年]2006
ADD Stereo [収録時間]57:39 [盤質]A [CD枚数]1
201509登録 WEITBLICK B000XYXQK4
型番 [WEITBLICK] [SSS0059-2] [日本]
在庫状況 1 個
販売価格
1,800円(内税)
購入数